スポンサーリンク

ダウンベストをレディースがコーデするならキレイめが素敵!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

ブラウンのダウンベストを主役にして、ボトムスは黒スキニーをあわせてコーデしました。

このダウンベストは、2015年にユニクロで購入したもの。
インナーのタートルネックセーターもユニクロなんです(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダウンベストのコーデをおしゃれに見せるコツ

服の組み合わせで気をつけたポイントは、大人っぽくキレイめな印象にすること。スポーティーな感じにならないように、キレイめにコーデします。

全身カジュアルなアイテムでダウンベストを着るのは避けて、キレイめコーディネートにするのが50代半ばの私流。

カジュアルなダウンベストに、タートルネックセーターと黒いスキニーデニムを合わせました。

明るい色合いのパイソン柄のベルト、ターコイズブルーのアクセサリーを付けて、華やかさをプラスしてます。

靴はカジュアルなスニーカーはやめておいて、黒いスエードのパンプスに。

つま先がスクエアなのでドレッシーになりすぎず、カジュアルとキレイめのバランスがとれました。

シルエットは I ライン

全身のシルエットは、Iラインにしています。
Iラインとは、トップスもボトムスもジャストサイズにして、上から下までを長方形のようにするシルエットです。

リブ素材のタートルネックセーターなので、身体の線が出て気になるのですが(^_^;)
あえて着てみました。

着画をよく見ると…ちょっと胃のあたりが膨らんでる(笑)
サボりがちになってた腹筋を開始しました!

 

脚の形が出てしまうピタピタのスキニーが苦手なら、裾に向かって細くなるデザインのテーパードパンツでもOKですよ。

ゆとりのあるワイドパンツと合わせても、今っぽいバランスで決まります♪

 

ダウンベストって防寒性も高くて、おしゃれに見えて意外に便利なんです。

でも着慣れないアイテムだし、スポーティーな感じになって浮きそう…
大人っぽく着こなせるかなぁって抵抗ありますよね。

そんなときは下に着るトップスと、ダウンベストの色を同系色にするといいですよ。

色が馴染んでいるのでおしゃれに見えて浮きません。

ダウンベストはショート丈なので、フレアースカートやプリーツスカート、タイトスカートにも合うんです。
また、着画を自撮りしてコーディネートをアップしますね。

まとめ

ユニクロで購入したダウンベストを主役にしてコーディネートしました。
インナーのタートルネックセーターもユニクロです(^^)

コーディネートで気をつけたポイントは、大人っぽくキレイめな印象にすること。
カジュアルなダウンベストにキレイめなタートルネックセーターと、黒いスキニーを合わせました。

全身カジュアルでダウンベストを着るのは避けて、キレイめコーディネートにするのが50代半ばの私流。

明るめのベルトやアクセサリーを付けて、華やかさをプラスしてます。

靴はカジュアルなスニーカーはやめておいて黒いスエードのパンプスに。

全体のシルエットは I ライン。
ピタピタのスキニーが苦手なら、裾に向かって細くなるデザインのテーパードパンツに。

 

大人っぽく着こなすには、下に着るトップスとダウンベストの色を同系色にすると、色が馴染んでおしゃれに見えます。

ダウンベスト持っておくと重宝するアイテム。
私は紺色のダウンベストも持っています。

パンツにはもちろん、ワンピースやスカートにも合わせられて、羽織物がない…っていうときに便利。

大きめサイズのダウンベストなら、ジャケットの上に羽織ることもできるんです。薄手のジャケットでもおしゃれに防寒できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
秋冬コーデ
ふみこをフォローする
〜ドレスクオーレ〜 ~ドレスクオーレ~ ファッションのコーディネートを楽しむ