スポンサーリンク

下半身をカバーするコーデ。羽織りものでスラッと細見えする

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

パンツを履いたコーデは、おしりや脚のラインが見えてしまうのが気になりますよね。
そんなとき、下半身をカバーしながらも、おしゃれに見えるコーデを紹介します。

羽織りものでおしりを隠すだけで、とても簡単にスタイルアップすることができますよ。

下半身のカバーとおしゃれ感の両方を叶えたい方に、おすすめのコーデです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

下半身をカバーするコーデはロングジレで細見え

白いパンツを履いたコーデに、ロング丈のジレを羽織ってみました。
おしりはもちろん、太ももまでカバーすることができます。

ロング丈のジレは上から羽織るだけで、簡単に I ラインのシルエットになるので細見えします。

後ろからだと、おしりや太ももが見えないので安心ですね。

さらっとした落ち感のある素材を選ぶのがコツ。
ジレの他に、ロング丈のカーディガンでも同じようにっコーデできますよ。

下半身をカバーして、スラッとスタイル良く見せたいときに、ロング丈の羽織りものがあると簡単です。

羽織りものの選ぶときは

  • ベーシックな色
  • シンプルなデザイン

にすると細見えして、着回しもできて便利。
派手な柄や奇抜な色は目立つので、体型カバーしたいなら避けたほうがいいです。

襟付きのジレでおしりを隠すコーデ

パンツスを履いたコーデでお尻が出てしまうのが気になるときにジレ(ベスト)を羽織ってみました。
上からさっと羽織ればいいだけだから、簡単なのが魅力!

襟付きのジレ

後ろ姿では、お尻は見えません。
前から歩く姿を見るとジレに目がいくので、下半身がほっそり見えます。

おしりを隠したいからジレを羽織ってます
という感じは全くなく、センスが良い人だなぁと思われますよ。

襟付きなのできちんと感があって、ちょっとしたお出かけ着にも。

下半身が気になるからと、腰回りを全部覆い隠してしまうよりも、ジレやジャケットの前ボタンを開けて着こなすが細見えします。
スラッと垢抜けた雰囲気になるからです。

  • ジレの襟を立てて着る
  • パンツの裾をロールアップする

とコーデ全体が立体的に見えるので、こなれ感のある垢抜けた雰囲気になります。
ちょっとした小技で、下半身に目線がいかなくなるのです。

カーディガンでおしりを隠すコーデ

パンツを履いたコーデでおしりが気になるときに、カーディガンを羽織ってみました。
後ろから見ると、おしりが隠れる丈を選べば脚が長く見えます。

カーディガンは袖がついているので、腰に巻いたり肩掛けもできて、体型カバーにお役立ちです!

ワンピースの羽織りものとしても使えて便利。

ノースリーブを着たときに、二の腕が出て気になるとき
パンツやスカートを履いたときに、腰回りが気になるとき
カーディガンがあると簡単にカバーできます。

細見えするカーディガンの選び方

下半身をカバーして細見えするカーディガンの選び方は

  • 太ももが隠れるぐらいのロング丈
  • 白やグレー、ベーシュなどのベーシックな色
  • 前開きがVネックのシンプルなデザイン

がおすすめです。
ロング丈のカーディガンやジレは、スカートやワンピース、パンツでも合わせられるし、下半身のカバーにも使えて重宝しますよ。

まとめ

パンツを履いたコーデって下半身が気になりますよね。
そんなとき、おしりや太ももがを隠すコーデが簡単にできるアイテムは、ジレ(ベスト)やカーディガンです。
おしゃれ感も体型カバーも叶える優れものです。

羽織りもので下半身をカバーするコーデは、パンツだけでなくスカートでも使えます。
タイトスカートを履いたときは、ロングカーディガンを羽織ると、ヒップラインが気になりません。

女性のおしりって大きくても小さくても、丸みがあっても平たくても、どんな形であっても魅力的だなって、スタイリングしていて感じました。

それでもやっぱり、気になってしまうのが女心。

ジレやカーディガンなどのロング丈の羽織りもので、さり気なくおしゃれに下半身をカバーしましょう(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
体型カバーのコーデ術
ふみこをフォローする
〜ドレスクオーレ〜 ~ドレスクオーレ~ ファッションのコーディネートを楽しむ