スポンサーリンク

50代の痛いファッションに見えないよう気をつけるポイント

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

この記事では、痛いファッションにならないように、50代の私が気をつけていることを書きました。

今回は夏の普段着ファッション、白いTシャツにカジュアルな綿パンを履いて、ロングジレを羽織ったコーデです。

痛いファッションじゃなく、おしゃれなコーデを目指してる女性の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

50代の痛いファッションにならないポイント

まずは50代の私が着ている、夏の普段着コーデをアップします。
スマホで自撮りした着画です。

ロングジレのコーデ

左側の着画は、家の中にいるときのスタイル。
ユニクロの白Tシャツに、アイボリーの綿パンだけです。

10代20代ぐらいの若い方なら、Tシャツに綿パンでも魅力的なんですけどね。

右側の着画は、買い物に行くときのコーデ。
50代の私が、このままでかけてしまうと、痛いファッションのおばさんになってしまうので、以下のように工夫しました。

ロングジレを羽織って
ブレスレットはめて
ベルトをつけて
ミュールを履いて

お出かけモードに変換しました。

シルエットは Iライン
ロングジレを羽織るだけで、羽織るだけで Iラインのシルエットになるから、縦長でスラッとした印象に。
濃い色は、体型が引き締まって見えるメリットもあります。

ロングジレって便利♪いい仕事してくれるんです(^^)
ロングカーディガンでも、同じようなコーデができますよ。

 

色の組み合わせは、白・アイボリー・紺の3色展開
濃淡バランスは、濃い色 1 : 薄い色 2

カラフルな色は避けて、ベーシックカラーにしてます。

小物は、茶系やゴールドにして、イエローベースに揃えました。

まとめ

ということで、痛いファッションにならないように、50代の私が気をつけていることを書きました。

ロングジレは、羽織るだけでI ラインのシルエットが作れて、縦長のスラッとした印象になりますよ。

濃いめの色を選ぶと痩せ見えします。

 

さすがに左側のコーデでお出かけするのは、50代ともなると気恥ずかしいです(^_^;)

30代ぐらいまでは、白Tシャツだけで街へ出かけてたなぁ。もうあの頃には戻れない(笑)

でも、50代になって体型も変わったし、若々しさはないけど、女性らしさまで失うわけじゃない!

女としてのプライドは持っていたい。

夏は、お手入れの行き届いた肌をさりげなく出して、素敵におしゃれしよう(^^)/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
垢抜けたおしゃれのために
ふみこをフォローする
〜ドレスクオーレ〜 ~ドレスクオーレ~ ファッションのコーディネートを楽しむ