スポンサーリンク

ファッションの流行を追わないとダサい?上手な付き合い方

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

この記事では、ファッションの流行と付かず離れず上手く付き合う、バブル世代ふみこ流の方法を書いてみました。

バブル時代のジャケット

洋服が好きな人って、ついつい流行に振り回されてしまいがちですよね。
でも、おしゃれの「自分軸」を決めておけば、流行に振り回されることもなくなりますよ。

私も20代の頃に、ファッションの流行を追って無駄なお金を使いました(^_^;)
50代になった今、若い頃の痛い体験が教訓になって活かされています。

ファッションの流行に疲れて、どう付き合ったらいいのか迷っている方は参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ファッションの流行は追わないの?

50代になった今、流行を追うか追わないか?

と聞かれるとやっぱり追います(^^)
トレンドのファッションを完全に無視すると、存在感のない平凡なおばさんになってしまうと思うからです。

私が20代の頃は、バブル期の真っ只中。
若い人に限らず、おしゃれが好きな人はファッションの流行に振り回されてる時代でした。
もちろん私も、振り回されました(^_^;)

買い物依存症になってしまうほどに、服やアクセサリー、バッグなどを買ってました。

でも今は、ファッションの流行とは付かず離れずに、楽しくお付き合いできるようになりました。

ノースリーブコーデ3パターン

流行を完全に無視できない理由

洗練された大人の女性になりたい!

という根強い願望があるので、流行を完全無視するわけにはいかないんです。

だから、どんなスタイルが流行しているのかをファッション雑誌、インスタやブログなどのSNS、服屋さんへ行ったり、街を歩く若い人を見てチェックしています。

でも、流行の服を誰よりも早く着たい!と追い求めるのではなくて
「今年はどんな服装が流行るんだろうなぁ♪」
という好奇心の気持ちです。

若い頃のように、すぐに流行の服を買いに走るということはありません(^_^;)
しばらく様子を伺います。

その間に、流行が早々と過ぎ去ったこともよくありましたよ(笑)

まずは、自分が今持っている服で、流行のシルエットを作ることができないか考えます。

服の合わせ方や着こなし方にもトレンドがあるんです。

例えば、ここ数年は「こなれ感」のあるおしゃれが流行ってますよね。

こなれ感は、服をきっちりと着ないで着崩すスタイリングをすれば実現します。
トップスを前側だけボトムスにインしたり、袖をまくったり、襟を立てて胸元を開けるだけで、今っぽく垢抜けます。

そうやって着こなし方を工夫すると、新しい服を買わなくても、流行のファッションを着ているように見えるんですよ♪

おしゃれの流行って、自分でスタイリングを考えて工夫するのが楽しい!
って私は思います(^^)

流行は似合っていたら取り入れる

流行のファッションが、自分の体型や顔の雰囲気に似合うなら取り入れてみます。
例えば、私は長身なのでロング丈のスカートなら履きます。
似合ってて定番のデザインの服だと、流行が終わっても着ることができるからです。

でも似合わないデザインが流行ったら、潔く諦めます。

可愛い系のフリルや花柄を着るとドン引きされるので(笑)
似合う人が着ているのを見て、かわいいなぁ♪って思いながら楽しみます(^^)

似合うかどうか微妙だけど着てみたい!
と思ったら、ファストファッションでプチプラの服を探してトライしてみます。

あと、ファッション業界が発表している流行色(トレンドカラー)というのがあるけど、それはほとんど意識しません。

流行りの色を着るよりも、季節に合う色、組み合わせやすい色、自分に似合う好きな色をメインにしたほうが、気持ちがウキウキするからです。

おしゃれの自分軸を持つ

トレンドを意識しつつ、こんなファッションを追求していきたいって思います(^^)

  • キレイめとカジュアルをミックスさせる
  • 女性らしさにメンズっぽさをミックスさせる
  • どこか上品で大人っぽいスタイル

こんな感じで、おしゃれの自分軸を考えておくと、流行に振り回されて疲れるなんてことはなくなります。

スポンサーリンク

まとめ

ファッションの流行に疲れた私は
「流行を追わない人って自分のスタイルを持っていて素敵だな♪」
と思った時期もありました。

でもやっぱり、50代になった今でも流行は追い続けてます(^^)
流行を取り入れないと、垢抜けない痛いおばさんになってしまうと思うから。

でも、トレンドの服をいち早く買うとかではなくて、流行のアンテナを張り巡らせておいて、持っているアイテムで着こなし方を工夫するということです。

私がファッションの流行をチェックするときのポイントは

  • どんな着こなし方が流行っているのか
  • カジュアルとキレイめのどちらが主流か
  • 服のシルエットはどうなっているか

ということ。
この3つを押さえれば、流行の服を買わなくても今っぽく見えます。

バブル時代のジャケットでコーディネート

これ30年前に買ったジャケットなんです(笑)

バブル時代のジャケット

たった1枚だけ、20代の頃に買ったジャケットを捨てずに持ってたので、かっこいいコーディネートにしてみました。

肩パットが凄いでしょ!
バブル時代は、スーツのジャケットはもちろん、ブラウスやニットにまで肩パットが入ってました。

トレンドのファッションアイテムだけに振り回されるのではなくて、どう着こなせば今っぽく見えるか工夫するのが大事。

今の時代なら、キレイめなコンサバ系とカジュアルをミックスさせた方がおしゃれな人に見えます。
なので、私が心がけているのはきれいめカジュアル。

TPOやその日の気分に合わせて、カジュアルとキレイめのバランスを考えて、服と小物をコーディネートしています。

あと、ヘアスタイルやメイクの流行もファッション雑誌やネットなどでチェックします。
昭和のヘアメイクのままだと、逆に目立ってしまいますからね。

いつも流行の服を着ていたい♪と心がはずんでた時期もあったけど
今は、おしゃれの自分軸が出来上がってきて服の数がどっと減りました。

定番の服でも今っぽく見えるコーディネート術や、小物の使い方などを詳しく書いてますので、よかったら参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
垢抜けたおしゃれのために
ふみこをフォローする
〜ドレスクオーレ〜 ~ドレスクオーレ~ ファッションのコーディネートを楽しむ