スポンサーリンク

モノトーンコーデをおしゃれに。重たく見えない着こなし方

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

モノトーンコーデが重たい印象にならないコツを書きました。
パンツのかっこいい履き方についても、お伝えしています。

モノトーンは大人の女性こそ似合うと思うので、ぜひチャレンジしてくださいね(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

モノトーンコーデがおしゃれに見える着こなし方

トップスは、黒いノースリーブのVネックニットを着ました。ボトムスは白デニムです。

モノトーンのコーデ

このパンツ、フルレングスなのでロールアップして、足首を見せています。

ノースリーブだと黒でも重たくならないし、白いパンツに合わせて爽やかコーデになります。

アクセサリーをゴールド系にすれば、モノトーンに明るさと華やかさをプラスできます。

パンツのかっこいい履き方

さてパンツをかっこよく履くために、大事なことをお伝えします。

パンツにはおおまかに2種類のウエスト位置があります。

  • 股上の深いパンツはハイライズ(ハイウエスト)
  • 股上の浅いパンツはローライズ(ローウエスト)

着画の白いパンツは、ローウエスト。股上が浅く腰ではくタイプなので、かっこいい感じになります。

以下の着画では、左が正しい履き方です。

右はパンツのウエストを、おへそのあたりまで引き上げて履いてます。

パンツの履き方

ウエストの位置はほんの2,3cm上にあるだけです。

右の着がのように間違った履き方をすると、お腹が出てるように見えて、もっさりした感じになってしまいます。

重要なポイントは、腰で履くパンツをウエストで履かない!
もちろん、逆もです。

パンツスタイルがかっこよく決まらない人は、パンツのサイズがあってなかったり、デザインに対して履き方が間違っているパターンが多いです。

試着のときに、必ずチェックしてくださいね。

実は私が履いてるこの白いデニムパンツは腰で履くと、オーバーサイズなんです(^_^;)

ゆるいので、引っ張ると下にずり落ちて脱げてしまいます。ベルトで締めないと、怖くて履けません。

失敗の原因は、ウエストが入るかどうかだけで、パンツを買ってたからです。

試着する際は

  • 股上の深いハイライズ(ハイウエスト)
  • 股上の浅いローライズ(ローウエスト)

どちらのデザインなのか確認してくださいね。

ちなみに股上の浅いローライズのパンツは、ファスナーが短いです。

まとめ

モノトーンコーデをおしゃれに、重たく見えないようにするコツは

  • 首元
  • 腕(手首)
  • 足首

を見せることです。

それからもうひとつ大切なのは、光るアクセサリーをつけること。
明るさと華やかさが加わります。

 

私は、夏のモノトーンコーデが大好きなんです♪

モノトーンは大人の女性こそ似合うと思ってます(^^)

優しさだけでは生きていけないって解ってる。怒りたいし、泣きたいときもある。けどやっぱり優しくありたい。

なんて試行錯誤している大人の女性と、モノトーンの凛々しさがマッチしている気がするから。

おしゃれと生き方ってリンクしているなぁって思う。

あなたはどう感じますか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
春夏コーデ
ふみこをフォローする
〜ドレスクオーレ〜 ~ドレスクオーレ~ ファッションのコーディネートを楽しむ