スポンサーリンク

太って見えないワイドパンツのコーデはAラインのシルエット

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

リネン素材ネイビーのワイドパンツを買ったので、コーディネートしてみました。
ワイドパンツに合わせるトップスでAラインのシルエットを作り、太って見えない着こなし方をお伝えします。

ワイドパンツのコーデ

ワイドパンツってボリューム感があるから、太って見えないかな?って悩みますよね。

自撮りの着画で詳しく説明してますので、ぜひチャレンジしてみてください♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

太って見えないワイドパンツはコーデをAラインにする

ワイドパンツは裾にむかって広がっているので、Aラインのシルエットにすると、脚が長くスタイル良く見えるんです(^^)
合わせるトップスは、ジャストサイズで短め丈がおすすめ。

ということで私が実践しました。
着画はこちら。

ワイドパンツとリネンシャツのコーデ

トップス、ボトムス共にネイビーにして、オールインワン風にしてみました。
トップスは、フレンチリネンシャツ。
ユニクロの定番人気のシャツですね。

私は肩幅広めで体格が良いのですが、ジャストサイズのMを着ています。
ワイドパンツなどボリューム感のあるボトムスに合わせるために、ゆとり少なめジャストサイズのリネンシャツを選びました。

細く見えるシャツの着こなし方

シャツは普通に着ると、ビジネスぽっくなってしまいます。
以下の3つのテクニックで着崩すと、立体的になるので細くおしゃれに見えます。

  1. ボタンを外し胸元を開ける
  2. 着物のように抜き襟する
  3. 袖をまくってロールアップする

細く垢抜けた感じ見せるシャツの着こなしは、ほどよく肌見せするのがポイントです。

ベルトでウエストを細く見せる

上下が濃い色のワントーンコーデってウエストが太く見えてしまいがちですよね。
なので、ワイドパンツのウエストに、パイソン革(蛇革)のベルトをつけました。
中心に明るい色のアクセントがあると、ワントーンコーデでも寸胴に見えないのです(^^)

幅が細いサイズのベルトは、女性らしさがアップしますよ。

靴はローヒールで甲が深い、ローファーを履きました。
光沢のある素材で、色はベージュ系でパイソン革のベルトとリンクさせてます。

短めの羽織りものでスタイル良く見せる

羽織りものは、短めでジャストサイズにすると、スタイル良く見えますよ。
着丈が短めでコンパクトなGジャンと、ワイドパンツは相性抜群!

ワイドパンツとGジャンのコーデ

リネンのワイドパンツにGジャンを羽織ると、カジュアル感がプラスされて素敵に着こなすことができるんです!
上下が違う素材だからメリハリがでます。

上半身をよりコンパクトに見せたいなら、前ボタンを閉めるのもありです(^^)
その場合、ボタンを全部閉めるのではなくて、真ん中だけにしてこなれ感をだすのがおしゃれ。

インナーは白いタンクトップにして、コーデに明るさを入れました。
これだと、白いスニーカーを履いてもタンクトップと色がリンクされて、上級者のスニーカーファッションになりますね。

Gジャンの他にも、ライダースや丈の短いカーディガンでもOKですよ。

コンパクトなアウターを持っていない場合は、ストールを肩から無造作にかけるのも素敵。
目線が上になるから、スタイルアップ効果もあります。

 

靴はワイドパンツの丈が短めだったから、ハイヒールだと足首が出すぎてしまうのでローヒールにしました。

パンツ丈が長めなら、ハイヒールを履くとかっこよく決まると思います。
普段着コーデなら白いスニーカーを履いても、今風のおしゃれな感じに♪

バッグも明るい色合いを合わせると、より華やかになります。

太って見えないワイドパンツのコーデで気をつけること

全身をAラインのシルエットにすることです。
アウターやトップスはジャストサイズを着て、ボトムスはボリュームのあるワイドパンツで、山型▲のシルエットにします。
Aラインのシルエットにすると、脚が長くスタイル良く見えますよ。

ワイドパンツとリネンシャツでAラインコーデ

上と下のバランスを5:5にすると、バランスが均等で垢抜けない雰囲気になるので、上 4:下 6ぐらいにします。
ボトムスの方が長くなるので、脚長に見えます♪

細身のパンツに比べるとワイドパンツは、コーディネートが難しいアイテム。
長身の人しか似合わないと思われがちだけど、Aラインのシルエットにしてバランスを考えれば、背が低くても大丈夫です(^^)

脚のラインにコンプレックスがあっても、ワイドパンツならおしゃれに見せながらカバーできます。

必ず靴を履いて、全身が映る鏡でコーデのバランスをチェックしてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

ワイドパンツは、Aラインシルエットでコーディネートすると、太って見えずスタイル良くおしゃれに見えます。
丈の短いジャケットや、ジャストサイズのトップスと組み合わせてAラインのシルエットにしてくださいね。

私は、細身のパンツの方が好きだったのですが、Aラインで着こなすとバランス良くなることが解って、ワイドパンツを愛用するようになりました。
ワイドパンツも着こなせるようになって、おしゃれの幅が広がりました♪

リネン素材のワイドパンツは、着画のネイビーの他にも、定番カラーのサンドベージュも持っていて重宝しています。
こちらも着画を撮ってあるので、また着こなし方をアップしますね。

リネンは春夏に着る素材なので、秋冬用にはウール混やデニム素材もおすすめ。
素材によって印象が違ってみえるのも、ワイドパンツの面白いところだと思います。

どんな素材でも、ボリューム感のあるボトムスにはコンパクトなトップスを着ると細見えする、と覚えておくと便利(^^)

少ない服でも、幅広い着こなしができるようになりますよ。

トップスがコンパクトなAラインシルエットは、ガウチョパンツやフレアースカートにも使える着こなし方ですよ。

基本的な組み合わせ方を知っておくと、何歳になっても、体型が変わったとしても、ワイドパンツを素敵に着こなすことができます。

大人の女性にこそ似合う、スタイリッシュなワイドパンツのコーデ。
まずはプチプラのブランドでいいので、チャレンジしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
春夏コーデ
ふみこをフォローする
〜ドレスクオーレ〜 ~ドレスクオーレ~ ファッションのコーディネートを楽しむ