スポンサーリンク

少ない服でおしゃれに着回しできるようになる簡単なコツ

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

このサイトの着画には、4,5年前の服も当たり前のように登場します。
服の数が少ないので、春夏秋冬と同じ服を何度も着回してます。

↓これ、5年以上着ている服でコーディネートしました。
この白シャツは、10年ぐらい着てるかも。

ジレのコーディネート

なので、少ない服でおしゃれに着まわしたい!って方には、見て欲しいです(^^)

20代の頃は、おしゃれな人って服をたくさん持っていて、それに合わせる靴やバッグ、アクセサリーも揃えてる人だと思ってました。
だから、お金に余裕がないとおしゃれになれないんだと。

でも、50代になった今の私の考えは違います。
少ない服でも、おしゃれできる方法が解ったし、逆に少ない方がコーディネートするのが楽しいのです♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

少ない服でおしゃれに着まわしするためのコツ

少ない服で着回しすると言っても、ミニマリストのようなワードローブを目指しているわけではないです。
今のライフスタイルに必要な服や小物は、十分に揃えています。
きちんと数えたことはないのですが、アウター・インナー・ボトムス、全て入れて40~50着ぐらいかな。
※ 冠婚葬祭の服、キャミソールなどの肌着は除く

ファッションのコーディネートを書いている人にしては、恥ずかしいほど少ないです。
着回し術が解れば、服をたくさん買わなくても、おしゃれは楽しめますよ。

私がやっている、少ない服でおしゃれするポイントやワードローブの作り方を書きますね。

4つの基本シルエットでコーディネートする

私が少ない服で着回しするようになったきっかけは、4つの基本シルエットでコーディネートしたからです。

4つの基本シルエットとは、トップスとボトムスを組み合わせるテンプレートみたいなもの。
これを覚えれば、簡単に着回しできますよ。
新しい服を買わなくても、手持ちの服で大丈夫!

4つの基本シルエット

  • A ライン — アルファベットのAのような山型のシルエット▲
  • Y ライン — アルファベットのYやVに似た逆三角形のシルエット▼
  • I ライン — 縦長で真っ直ぐなシルエット
  • X ライン — ウエストを絞ったシルエット

実践していくうちに、自分に似合うコーディネートが解ってきます(^^)

詳細はこちらの記事に書いていますので、参考にしてくださいね。
服の組み合わせ。レディースの基本4つでスタイルアップ!

ワードローブの作り方

少ない服でおしゃれに着回しするためには、基本の服 8割:流行の服2割でワードローブを作ります。

基本の服というのは、流行に左右されない定番の型です。
色もデザインもシンプルな服ですね。

コーディネート編の記事を見て頂いたらわかると思いますが、ベーシックなデザインのジャケットやシャツ、パンツ、スカートが8割を占めています。

定番ってどんな服を揃えたらいいの?
って思いますよね。

これは、その人のライフスタイルや年齢、住んでる地域によって違ってきます。
北海道と沖縄では、気候も環境も違いますよね。

華やかな世界で活躍されてされているなら、ドレスライクな服が必要。
私のように、引きこもってパソコンを触っているならカジュアルが多めとかね。

上に書いた4つの基本シルエットの中で、似合うシルエットの服を自分の定番にするのも良いと思います。

試行錯誤しながら、ライフスタイルに合うワードローブを揃えていく。
これって、とても頭を使う作業なんですけど、できあがったら感動!
手持ちの服が安定すると、心まで安定するんです。

定番服のワードローブを自分で揃えられるって、上級者のスキル。
一生の財産になりますよ。

がんばって(^^)

流行の服というのは、2,3年で着られなくなりそうな、デザイン性の高いトレンドファッション。
あと、色柄物や個性的で派手なデザインの服も含みます。
そういうのは、2割ぐらいにとどめておきます。

どんなに流行っていても、笑えるぐらい似合わない服は買いませんよ。
予算に限りがあるなら、トレンドアイテムはファストファッションでチャレンジするのが得策。

毎日のように華やかな舞踏会へ行くわけでなし(笑)
私のライフスタイルでは、ベーシックな服で十分なんです。

華やかな装いにしたいときは、アクセサリーなど小物類で盛ります。

アクセサリー3点

着こなし方を今風にするだけでも、流行を取り入れることができるんですよ。
定番の服でも着こなし方で、こなれ感やぬけ感を出すと、今っぽく見えます。

着こなし方に関しては、コーディネート編の記事に解説してますので、よかったら参考にしてね。

 

少ない服で着回すのに一番大切なことは?

新しい服を買ったら、手持ちの服を処分することです!
これをやらないと、服は増え続けますからね。

どんなに好きな服でも必ず飽きる
ということを体感しました。

だから執着せずに、手放す時期がきたら感謝してさよならしてます。
泣く泣く捨てると、服を慎重に選んで買うようになりました。

 

コーディネートのPDCAサイクルをまわす

少ない服でセンス良く着回しできるようになるには、日々何を着るかを考えることが大事。
たまたま目の前にあった服を着ただけ…では、同じコーデの繰り返しになってしまいます。

なので、コーディネートのPDCAサイクルを回すことをやってみました。

  • 計画(Plan)
  • 実行(Do)
  • 評価(Check)
  • 改善(Action)

これをノートに書き留めてみました。
PDCAサイクルとは、ビジネスで業務の改善などに使われる方法。

これって、おしゃれにも生かせる!と思ったのでやってみました。

服装に関する、自分だけのデータをとる感じでやります。
このデータが、少ない服で着回すのにとても役立ちました。

やり方は、また記事で詳しく書きますね(^^)

スポンサーリンク

まとめ

ということで、ポイントをまとめますね。

少ない服でおしゃれに着回しできるようになりたいなら

  • 4つの基本シルエットでコーディネートする
  • 基本の服 8割:流行の服2割にする
  • 新しい服を買ったら、手持ちの服を処分する

この3つをやってみるといいですよ。

 

これって、短期間で一気にできることではないです。
地道にコツコツと続けていくことが大切。

私は40~50着ぐらいの服で着回してますが、この数字も人それぞれです。

予算に限りがある
収納スペースが狭い
整理整頓できないズボラな性格(笑)

なのでこのぐらいに落ち着きました(^^)
目安としては、手持ち服を覚えられる数にするようにしています。

コーディネート3パターン

今の時代は、家にたくさんの服を持たなくても、ネットの通販で買うこともできるし、ファストファッションのお店もあちこちにあります。

私もいざとなったら、買いに走ってます(笑)

少ない服でも、自分だけのワードローブができあがったら、不思議と気持ちも軽やかになります。
季節の変わり目にありがちな
「着る服がない!」って慌てることもなく、おしゃれが楽しくなります♪

コーディネートの各記事に着回し術を書いてますので、よかったら参考にしてくださいね(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
垢抜けたおしゃれのために
ふみこをフォローする
〜ドレスクオーレ〜 ~ドレスクオーレ~ ファッションのコーディネートを楽しむ