スポンサーリンク

服のセンスが良くなる方法。自撮りして写真をチェックしよう

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

この記事では、コーディネートを自撮りをするようになって、服のセンスが良くなる方法を体験談と共に書いています。

写真で自分の服装を見ると客観的な視点で、コーディネートを試行錯誤できるから、服のセンスが磨かれます。

私もスマホを使って服装を自撮りするようになって、センスアップしました。
左側の写真がビフォーで、右側がアフターです。

自撮りのビフォーアフター

スポンサーリンク
スポンサーリンク

服のセンスが良くなる方法はコーデの自撮り

服のセンスを良くする方法は、コーディネートを自撮りすることです。

SNSに自撮り写真を投稿している人達って、ファッションセンスが良いですよね。
撮った写真を見て研究しているから、センスが磨かれるのです。

やり方は簡単!以下の3ステップです。

まずはじめに、鏡に写った全身の姿をスマホで撮影しましょう。

コーデの自撮りをするときは、必ず靴を履いてくださいね。
なぜかというと、素足よりも靴を履いた方がセンスを磨く練習になるからです。

次に、自撮りした写真をスマホやパソコンでじっくりと、観察します。
鏡を見ただけでは解らなかった、問題点が見つかるはずです。

そして、どうやったら垢抜けてスタイル良く見えるかを考えて、コーデを改善します。

こうやって試行錯誤を繰り返すうちに、服のセンスが良くなって、おしゃれな人になれるんですよ!

自撮りするとセンスが良くなる理由

まず「服のサイズが合ってない」というのが写真を見て解ります。
服のシワやたるみが、バッチリ写しだされるからです。

鏡で見るだけでは気が付かなかった、自分の体型の特徴も見えてきます。
私は肩幅が広い、逆三角形▽の体型だと写真を見て解りました。

他人をスタイリングしているような気持ちになって、客観的に自分をみられるようになります。

 

そして、センスを良くするためには、全身を自撮りして写真をストックしておく必要があります。

去年の今頃って、何を着ていたか覚えてますか?
忘れてますよね(^_^;)

でも、自撮りしてを記録しておけば、何を着ていたか知ることができます。

季節の変わり目に何を着ようか迷ったり、どんな服を買おうか迷ったりしたときに、チェックできて便利です。

自撮りして、改善策を考えて実践し続けたら、コーディネートする力がつくので服のセンスが良くなり、ショップで服を選ぶのも上手になります。

服のセンスが悪かったんだと気づいた

これは、2014年6月にデジカメで自撮りしたコーデ写真です。自撮りを始めたばかりの頃で、今見るとセンスが悪くて恥ずかしい(^_^;)
50代になって何を着たらいいのか…迷ってました。

コーデの自撮り写真

信じられないことに、このコーデが似合ってると思い込んでました。
このセンスのないファッションで、近所のスーパーとかウロウロしてました(笑)

この着画を見てどこを改善すれば、おしゃれになると思いますか?

ぱっと見た感じ、服のサイズが身体に合ってませんよね。
トップスに着ているローゲージニットの丈、私には短すぎ。
ボトムスはクロップドパンツなんですけど、こちらもサイズが小さすぎて、丈が短い!
全体的に見て、サイズに無理感ありますよね^^;

どうして気付かなかったのかというと、服を着て鏡をパッと見るだけ、だったからです。

コーデのチェックは、3秒ぐらいしか見てませんでした(笑)
自分の姿を鏡で見るのが、嫌だったからです。

でも今は、何回も鏡をみてスマホで自撮りをして、頭の先から足元までチェックしてます。

ドルマンスリーブと白パンツのコーデ
自撮りをして、写真を見ながら問題点を見つけ出し、改善していくうちに自分に合う服のサイズやコーディネートが解るようになりました。

ファッションの本を読んだり講座に通って、着こなし方の基本を学びました。

すべては、コーディネートを自撮りしたことから始まったのです。

全身を鏡で写すだけでもセンスは良くなる?

鏡だけでは、客観的に自分を見ることはできないんですね。

目の位置が顔の中にあるから、どうしても真正面にある自分の顔を見てしまうんです。
全身を見ようとすれば、上から下へ目線を動かさないといけないからです。

けれども、写真だと全体が目に入るんです。自然と着ている服にも目がいきます。

それに、写真で見ると細かいところまで気になります。
ここがおかしいな、こうした方がいいな、あれを着てみよう!
って考えるようになるんですね。

もちろん、頭で考えるだけでなく、次のコーディネートに活かすことが大事。
浮かんだアイディアって忘れてしまうので、メモしておくとくといいですよ。

こうやって、改善点を考えて記録して次に活かす。
これを繰り返すことが、服のセンスが良くなる方法です。

スポンサーリンク

まとめ

服のセンスが良くなる方法は、自撮りをして客観的にコーディネートをチェックすること。
試行錯誤を地道に繰り返していると、いつの間にかセンスが良くなっていきます。

私は、写真に写るのも大嫌い!
だったから、コーデの自撮りなんてやったことありませんでした。

なので、ブログを立ち上げた2014年3月頃からの写真しかありません。
もっと、撮っておけば良かったと後悔してます。

過去には戻れないから、もったいないことです。

最初は、パソコンで自分の画像を見た時「ぎょえ~!」ってヘコみました(笑)
でも、大丈夫!
何度も見てると、すぐに慣れますよ(^^)v

写真は、落ち込むために見るのではなくて、コーディネートを試行錯誤するための、貴重な材料なのです。

 

服のセンスというのは、生まれつきの才能ではなく、試行錯誤しながら磨いていくことで、身につくと実感しました。

40代の頃は、鏡や写真を見てへこんで、外見はもう持って生まれたものだから仕方ないんだと諦めてました。
知性とか教養、性格を良くして、内面を磨こうって逃げてました(^_^;)

でも今は、外見を磨くことも楽しんでます。

 

このコーデ写真も自撮りしておいて良かった~♪って、心から思います。

コーデの自撮り写真

流行りのクロップドパンツをゲットして、喜んでいた自分が愛しい。
いっぱい失敗して悩んだから、今があるのだと思います。

 

今日からコーデを自撮りして、素敵に撮れてる写真はもちろん、爆笑写真も保存しておきましょう。

イケてない写真は貴重な財産になりますよ。

写真を撮るときのポージングも、素敵に見えるように研究してます。

最近は、自撮りが上手いと褒められるようになりました(^^)
なので自撮りのコツなんかも、詳しく書きますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
垢抜けたおしゃれのために
ふみこをフォローする
〜ドレスクオーレ〜 ~ドレスクオーレ~ ファッションのコーディネートを楽しむ