スポンサーリンク

歯周病が歯磨きで改善した!歯医者さんで教えてもらった方法

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

歯医者さんへ定期検診に行ったら、奥歯が歯周病になってるといわれました(^_^;)
歯と歯茎の境目の歯周ポケットが、4ミリ以上の深さがあると歯周病だそうです。

 

私の奥歯の歯周ポケットは、深さが6ミリもありました。
そこに、歯垢や歯石が付着しているとのこと。

特に痛みなどの症状はないけど、歯茎が少し赤く腫れてるような状態でした。

このまま放おっておくと、歯茎が弱って歯が抜けることもあるとのことです。

怖い~と思って不安になったのですが、今の状態なら薬を飲まなくても、正しい方法で歯磨きを徹底すれば、治せるといわれてひと安心しました。

歯科衛生士さんに歯の磨き方を教えてもらい、その通りに磨いてみたら改善しましたので、その方法をお伝えします。
歯周病が気になっている方は、実践してくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

歯周病が歯磨きのやり方で改善した

それにしても、歯磨きは丁寧にしていたのに「なんで歯周病になるの?」って、ヘコみました。

歯科衛生士さんによると、私の「歯磨きのやり方」に原因があったみたいです。

つまり、歯の表面ばっかり一生懸命に磨いて、歯と歯茎の間が磨けてなかったのです。

言われてみれば確かに、歯磨きした後に舌で歯を触って、ツルツルしてたら満足してました。
これが、勘違いだったんです(^_^;)

あなたは、歯の磨き方間違ってませんか?
間違ってたら、私みたいに歯周病になってしまいますよっ。

歯周病を予防する歯磨きの方法

歯医者さんに行ったときに、歯科衛生士さんに教えてもらいましたので、忘れないうちに書いておきます。

歯ブラシの選び方

  • 3列のコンパクトな形を選ぶ
  • 歯茎が弱っている時は、「やわらかめ」を選ぶ
  • 1ヶ月ごとに新しい歯ブラシに取り替える

歯の磨き方

  • 歯ブラシを45度に傾けて、歯と歯茎の境目に軽くあてる
  • 歯ブラシを小刻みに20回ぐらい動かす
  • ひとつひとつの歯を磨くイメージで、ゆっくりと丁寧に
  • 前歯の6本は歯ブラシを縦にして磨く
  • 磨く時のポイントは、手の力を抜くこと。

 

歯ブラシを強く握りしめて、力を入れると歯茎を痛めてしまいます。
15~20分ぐらいかけて丁寧に、ゆっくりと磨くことが重要です。

特に奥歯の裏側は、磨き残しが多いので特に意識する。
私は、拡大鏡を片手に持って、口の中を見ながら磨いてます。

歯磨き粉は着けずに、水だけでも大丈夫です。
仕上げに、歯磨き粉を着けてさっと磨けばOK。

でもね・・・。

この磨き方を毎回やるのは、時間もかかるし大変ですよね(^_^;)
歯科衛生士さんによると、夜寝る前だけでも良いそうです。
あ~良かった。

定期的に歯医者さんへ検診に行って、歯のクリーニングなどのメンテナンスをしてもらうこと。

これは自分の歯を一生使いたかったら、必須ですね。
歯茎を痛めて痛感しました。

相性の良い歯医者さんを探すヒント

相性の良い歯医者さんに出会えると安心して通えますよね。
良い歯医者さんを見つけるには、行ってみて確認するしかないです。

嫌な気持ちになったら、我慢しないで他を探す。
人それぞれ、良い悪いの視点や相性が違いますからね。

参考までに、私が歯医者さんを選ぶ時の視点を書きます。

  • 受付の人が話しやすくて感じが良い
  • 先生が治療方法をちゃんと説明してくれる
  • 明細書や領収書を発行してくれる

当たり前やん!
って思うかもしれないですけど、これがやってくれない歯医者さんが実際にありましたよ。

以前通っていたところは、受付の女性がちょっと怖かったので、私は失礼させてもらいました(^_^;)

ちなみに、今通っている歯医者さんは、ご近所さんの評判が良かったので行ってみました。
先生も衛生士さんも優しいので、怖がりの私でも通うことができてます。
先生が治療の方法をきちんと説明してくださるので、安心できます。

説明もなしにいきなり、歯をガリガリ削られるのは恐いからね(^_^;)

 

スポンサーリンク

まとめ

歯と歯茎の境目の歯周ポケットが、4ミリ以上の深さがあると歯周病の可能性があります。

放おっておくと、歯茎が弱って歯が抜けることもあるらしいので、歯磨きを徹底して予防することが重要です。

歯周病を改善して予防する歯磨きのやり方をまとめますね。

歯ブラシの選び方

  • 3列のコンパクトな形を選ぶ
  • 歯茎が弱っている時は「やわらかめ」を選ぶ
  • 1ヶ月ごとに新しい歯ブラシに取り替える

歯の磨き方

  • 歯ブラシを45度に傾けて、歯と歯茎の境目に軽くあてる
  • 歯ブラシを小刻みに20回ぐらい動かす
  • ひとつひとつの歯を磨くイメージで、ゆっくりと丁寧に
  • 前歯の6本は歯ブラシを縦にして磨く

磨く時のポイント

  • 歯ブラシを持つ手の力を抜くこと
  • 15~20分ぐらいかけて丁寧に、ゆっくりと磨くこと

特に奥歯の裏側は、磨き残しが多いので意識すること。

相性の良い歯医者さんを探すヒント

  • 受付の人が話しやすくて感じが良い
  • 先生が治療方法をちゃんと説明してくれる
  • 明細書や領収書を発行してくれる。

実は私、歯医者さんは大の苦手なんです(^_^;)
激痛になるまで治療に行かないこともよくありました。

でも、最近は半年間に一回は定期検診にいくようになりました。
それでも虫歯が見つかるのですが、治療は簡単に済みます。
費用も安いしね。

それに、歯を最後に機械で磨いてくれて、白くなるから嬉しいです♪
終わった後は、歯のエステに行ったみたいで、気持ちが良いしね。

一生自分の歯で、美味しく食事をしたいから、歯の定期検診は続けよう\(^o^)/

ところで、いつも思うのですが…
歯医者さんとか歯科衛生士さんの歯って、虫歯1つないピカピカの完璧な状態なのかなぁ。

マスクしてるから見えないし、どうなんでしょうかね?

案外、虫歯だらけだったりして。
そんなわけないか(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
美容と健康
ふみこをフォローする
〜ドレスクオーレ〜 ~ドレスクオーレ~ ファッションのコーディネートを楽しむ