スポンサーリンク

秋服はいつから着るの?9月におすすめの秋コーデ術

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

秋服って、いつ頃から着たらいいのか?
ずばり言うと、9月からです(^^)

秋服コーデとアクセサリー

だけど9月って、気温が30℃を超えたりして、日中はまだ真夏のように蒸し暑いです。
なので、夏の素材の服を着るといいですよ。
夏の素材とは、麻や綿、シルクなど肌触りの良い天然素材。

秋らしい装いにするには、自然の植物や土の色であるアースカラーの服や小物を選びます。

アクセサリーや靴・バッグなどの小物を、1点だけでもアースカラーに変えると、秋らしさをいち早く取り入れている、おしゃれな人に見えます(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

秋服はいつから着るの?

9月になったら、おしゃれな人は秋服を着ています。

なので、8月のお盆が過ぎた頃から、秋服の販売が始まるので、買いに行った方がいいのか迷いますよね。

ファッション業界の人ではない普通の人が、こんなに早くから秋服を買う必要あるんかな?って私は思うんです。

まだ気温は暑いのに、汗だくになって厚手の服を試着するなんて、更年期の私には無理(^_^;)

この記事は、流行の秋服をいち早くゲットして着たい!って方には、参考にならないかも。
けど、時代遅れの服を着たくないけど、流行最先端のファッションは必要ない。
まずは手持ちの服で秋らしく装いたい

という方には参考になるはずです。

秋服におすすめのアースカラーってどんな色なの?

アースカラーとは土や砂、植物などの自然界にある色です。ブラウンやグリーン、カーキやベージュなど秋を感じる色合いが多いのが特徴。

中でも秋らしく見えるのは、レンガ色のような彩度が低い暖色系ですね。

暗めでシックな色なので大人っぽい印象。
どんな色とも合わせやすいベーシックカラーだから、揃えておくと便利ですよ。

しかし!全身がアースカラーの秋色だと、ただの地味なおばさんっぽい感じになるのが大人世代の大問題。

なので、アイボリーやオフホワイト、ライトグレーなど白っぽい明るい色をインナーにして、レフ板効果を狙いましょう。
顔周りが華やかになりますよ。

ゴールド系のネックレスをつけると、更に肌が明るく輝いて見えます。

アクセサリー3点

ということで、私の秋服コーデをアップしますね。
着こなし方、小物選びのポイントも説明しますので参考にどうぞ。

綿素材のTシャツにデニム

9月だというのに30℃を超えていて、真夏のように熱くて汗だくになった日のコーデです。
ダメージデニムにジレのコーデ

トップスは、綿のVネックTシャツ。まさに夏素材ですが、色が茶色なので秋っぽい雰囲気に。
濃紺のロングジレを羽織れば、少しキレイめな感じになります。
デニムは色落ちのダメージデニムにして、カジュアルで軽やかにしました。

このロングジレは、着こなし方が難しそうに見えるけど、意外に便利!
ストールの感覚で羽織るだけで、おしゃれな人に見えてしまう優れもの(^^)

50代ともなると、ダメージデニムって危険アイテムだと思われがちですけど、ロングジレを羽織れば、大人のキレイめカジュアルになります。縦長のIラインが強調されてスラッとスタイルよく見えるのも嬉しい♪

コーデの配色が茶とネイビーで暗いのですが、Tシャツが半袖でVネックだから、肌の露出があるので大丈夫。

アクセサリーは秋の色で統一

革のアクセサリー

ネックレスは、革紐にターコイズ色のビーズ、アンティークなチャームがついたもの。
ベルトのバングルもアンティークゴールドで、色合いを揃えてます。
ネックレスがやや華奢なタイプだから、腕は大ぶりな革バングルにしてメリハリつけました。

指輪もつけて、ターコイズ色を繰り返してみました。

アクセサリー類の金具は、シルバーかゴールドに統一させると、頑張ってないさりげない感じが出せます。

アクセサリーは、あれもこれもつけたくなるのをグッとこらえて

  • 大きさのバランスを考えて組み合わせる
  • 金具や石の色に統一感をもたせる

この2つを意識しています。

足元にも秋の色を加えて

ミュール
ツートンカラーのミュールです。
スエード素材の深緑と革素材の茶色が、まさに秋にぴったりのアースカラー。

ヒールが太くてガッチリしているチャンキーヒールは、存在感あります。
これ履くと、全身がモードっぽい雰囲気になって、かっこいい。
私の大きな体をしっかりと受けて止めてくれるので、太いヒールは歩きやすいです。(^^)
チャンキーヒールは脚を華奢に見せてくれる、ありがたい効果もありますよ。

春夏のサンダル、かかとの無いミュールって、秋のファッションに合うの?
って思いますよね。
足の甲をしっかり覆っているデザインなら、9月いっぱいまで履けますよ。

避けた方がいいのは、
足の甲を覆っている紐が細く、肌の露出が多い、華奢なデザインのヌーディーサンダル。

春夏の軽やかなファッションに似合うイメージだし、涼しくなると足元が寒く感じます。

この夏、まだ袖を通してないお気に入りアイテムってありませんか?
9月ならまだ間に合うので、着倒しましょう!

意外にもノースリーブはこの時期に使えます。
カーディガンやストールの羽織りものを着ることで、温度調整しやすいんです。

秋色のアクセサリーや小物をプラスするだけでも、秋らしい装いに。
ボルドーカラーのマニキュアでもOK。

スポンサーリンク

まとめ

ということでまとめに入ります(^^)

秋服はいつから着るのか?
ずばり9月からです。
と言ってもそんな法律があるわけでなし、ファッションって自由なんですけど、決めておくと服装計画が立てやすいです。

季節の変わり目にありがちな状況の
着るものがない!
って慌てなくてすみますよ。

9月といっても気温が高くて蒸し暑いので

  • 夏の素材で秋の色、アースカラーの服を着る

秋らしい装いにするために

  • バッグや靴(サンダル)、アクセサリーを濃い色にする
  • ネックレスをゴールド系にして顔周りを華やかにする

夏の素材とは、麻や綿、シルクなど天然素材。
通気性よくて汗を吸ってくれるからです。

私は化学繊維を着るときは、キャミソールなどのインナーを綿素材にするようにしています。

この記事の秋コーデの画像をまとめてみました。
可愛くないので、男性ウケはイマイチですけど(笑)
女性ウケはいいですよ♪

良かったら、試してみてね(^^)

デニムジレのコーデとアクセサリー

秋って、あっと言う間に過ぎ去っていくような気がするんですよね。
だから、9月から秋ファッションを楽しみたい♪

でも9月はまだまだ暑いから、慌てて秋服を買わなくてもいいと私は思います。

秋の風が冷たく感じたら、暖かい素材の服を買いに行っても遅くはないはず。

ファッションも過ぎゆく夏を惜しみながら、季節の変わりめを楽しみましょう♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
着回し基本アイテム編
ふみこをフォローする
〜ドレスクオーレ〜 ~ドレスクオーレ~ ファッションのコーディネートを楽しむ